DTIの著作権を侵害する違法サイトへの対応ついて

この記事は約 3 分で読むことができます。

    aj500_an018

    著作権を侵害する違法サイトへの対応ついてDTIサービスからメールが来ました。違法3サイトを紹介しているリンクを設置していてもペナルティがあるということなので、十分注意しましょう。

    アフィリエイター各位
     
    お世話になっております。
    DTIサービス・アフィリエイト部です。
     
    著作権を侵害する違法サイトへの対応ついて、変更がございます。
     
    これまでは、違法サイトについても「同ページ上での宣伝が無ければOK
    などという内容としてまいりましたが、こちらのメールをもって
    一切の宣伝の禁止となりますことを、通知させていただきます。
     
    対象サイトはオマニー、オナクル、ジパングの3サイトとなりますので、
    9月中に貴サイトでの宣伝(アフィリエイトリンク)を
    削除いただけますでしょうか?
     
    対象サイトは、今後追加となる可能性がございますので、
    予めご了承ください。
     
    2016101日以降に、違法3サイトについての削除がされてない
    場合には、アメリカ合衆国ならびに日本において著作権違反の
    共同不法行為者としてDTIアフィリエイトアカウント凍結後、
    順次、法律上許された最高額を損害額として、損害賠償訴訟を
    提起しますことを、ご通知致します。
     
    また、上記違反3サイトが加盟するアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP
    からの報酬入金のある口座情報を関係機関を通して照会し、
    差押さえおよび損害賠償請求の対象とさせていただきます。
     
    2016101日までに違法サイトの宣伝を停止された方は
    対象外とさせていただきますが、口座情報の照会過程で行き違いが
    生じ、一時的に差押さえの対象になる可能性がありますので、
    その際はご通知願います。
     
    また、DTIアフィリエイトプログラムに参加されてない方でも
    上記に類似する、違法サイトの宣伝を行っているサイトを発見した場合、
    サーバー会社、ドメイン管理会社に対して、弁護士の請求
    および該当する裁判所の命令をもって情報公開請求を行い、
    責任を問う予定です。
     
    さらに、かかる宣伝サイトがGoogleで表示されないよう、
    Googleと連携し検索結果から削除されるよう、
    正式に依頼もしてまいります。
     
    これらの対応は、最終的には健全に宣伝活動を行っていただいている
    アフィリエイターの方の売上を守っていくことにつながりますので、
    ご協力をいただけますようお願い致します。
     
     
    どうぞ宜しくお願い致します。
     
    DTIサービス
    アフィリエイト部
     

    罰則がかなり重いので、今一度、違法3サイトを紹介していないか確認することをおススメします。

      ■この記事はあなたのお役にたてましたでしょうか?

      あなたの応援を糧にして明日も頑張って記事を書くことができます!
      本日の人気ブログランキング応援クリックありがとうございます<(_ _)>




      ■ ZenBack:この記事の反応が見える

      還元率最大70%!おススメASPです!

      コメントを残す