やっぱりYMOが好き

世界のテクノバンド

1970年にドイツのデュッセルドルフでラルフ・ヒュッターとフローリアン・シュナイダーにより結成された。当初は前衛的電子音楽を発表しリスナーにはジャーマン・プログレッシヴ・ロックとも捉えられていたが、『アウトバーン』の商業的成功以降、徐々にポップス、そしてダンスミュージックに方向転換していく。

 

彼等の楽曲は電子楽器を用いた(テクノポップやデトロイト・テクノを含めた広義の意味での)テクノ・ヒップホップ・ユーロビートなどの音楽ジャンルの発展に大きな影響を与え、サンプリングの元ネタとしてはジェームス・ブラウンとともに最も使われているアーティストとも言われる。なかでもヒップホップの巨人アフリカ・バンバータはクラフトワークから多大な影響を受け、いわゆる「エレクトロ・ファンク」という新しいサウンドを生み出した。

 

 

初期の実験的アルバム以降の彼等の作品は各アルバムごとに明確なコンセプトが提示されており、その主題も「高速道路」「放射能」「鉄道」「ロボット」「コンピュータ」など、従来のバンドが取り上げなかったきわめて即物的・無機的なものが多い。その反面、ポップなメロディと、機械によるジャストでありながらファンキーなリズム、そして彼等のユーモアセンスによって親しみやすいものとなっている。結成35年を迎えたが一時の停滞期を乗り越え、現在また盛んな音楽活動を行っている。代表曲に「アウトバーン」、「ロボット」、「ツール・ド・フランス」、日本語で歌詞が書かれた「電卓」(来日ライブでは、この曲を本物の電卓を持って歌った)などがある。

 

過去のライヴでは、膨大な機材群をステージ後方におびただしく並べて演奏していた。現在のライヴでは、巨大な3面スクリーンに映される、演奏と完全同期した映像がフィーチャーされている。機材構成は機動性を生かしたシンプルなものであり、メンバー4人がSONY社製のノートPC・VAIOと、スタインバーグ社製のDAWソフト・Cubaseによって楽曲をリアルタイムでコントロールしている。

 

クラフトワーク/ミニマム-マキシマム(DVD) ◆20%OFF!

Kraftwerk クラフトワーク / Techno Pop 輸入盤 【CD】

【中古】CD THE MIX/クラフトワーク

 

The Man Machine (Live, Minimum-Maximum) - Kraftwerk

 

The Man Machine (Live, Minimum-Maximum) - Kraftwerk

 

 

Kraftwerk-Numbers/Computer world

 

Kraftwerk-Numbers/Computer world

 

 

kraftwerk- tour de france

 

kraftwerk- tour de france

 

スポンサーリンク

  

クラフトワーク関連ページ

ディーヴォ
時代が過ぎても常に新鮮さを与えてくれる時代が過ぎても多くのファンの心を鷲つかみにして離さないYMO。坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏。今だからYMO・・今こそYMO・・・やっぱりYMOが大好きです!
ブライアン・イーノ
時代が過ぎても常に新鮮さを与えてくれる時代が過ぎても多くのファンの心を鷲つかみにして離さないYMO。坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏。今だからYMO・・今こそYMO・・・やっぱりYMOが大好きです!

YMOヒストリー YMO動画集 YMOファミリー 世界のテクノバンド YMO関連リンク集